何でもない日常のひとかけら


by asahi

やはり野に置け蓮華草

可愛いから、室内に(お手洗いです^^;)入れてみたら如実に花びら閉じてしまいました。

f0368662_16363863.jpg



ごめんね~。
陽の光あびないとねダメなんだよね~。




↓ 以下、ヘタレの独り言です。支離滅裂です(汗)。



甘ったれてるぞ!

と、わかってはいるのですが、どうにもこうにも、、、、

なにもかも投げ捨てていまいたいと思ってみたりして。

何度も同じダメージがあると、修復するのにだんだん時間がかかる、力もかかる、回を重ねるごとに。

そして、どこかが壊れる  とか?

でも、骨折みたいに折れるたびにその部分が強くなるというケースもあるか。

結局自分次第か。

でも、、、、どうも、だめだな、長いゎ、なかなか浮上できない。もう何ヶ月?おかしいな。

このままでは嫌だゎ。

ご飯も食べられるし、そこそこ眠れてるからまだマシなんだろうな、あの5キロくらい痩せた頃よりは。ま、あのころは痩せしろもあったから(^_^;)。

どっちにしろ、あの頃も、この頃も、どの頃も 天から見たら大したことじゃなくて
「贅沢言ってんじゃないわよッ!」
なんでしょうが。

これがあんたのノーマル状態かもよ。

えーそうなん?これ?

自分で自分の首を絞めてるだけでじゃん。  
まあ、、、、そうかも。

でも、、、、

だからー、
「贅沢言ってんじゃないわよッ!」

罰あたるで!

キャーこわい、こわい(>_<)


わかってるんですよ~~みんないろいろあっても表に出さずに頑張ってるんですよね、
すみませ~ん\(◎o◎)/!

ほんま、こんなことばっかり思ってると病気になるゎ。

笑って笑って免疫力上げとかないと!

さあ、さあ!気合い入れてこー!






タイトル変更しました。
「かすみ草」ではなく「蓮華草」でした、お恥ずかしい(^^;)


[PR]
# by asahino443 | 2017-03-06 21:44 | Trackback | Comments(8)

日向ぼっこ

今日は、仕事はお昼まで。

3月下旬の陽気だそうです。

こんな日に、澱んだような空気の部屋でカチカチマウスのお守りはご勘弁〜。

日向ぼっこしよう〜。

で、こんなの物置から出してきました。

f0368662_14552571.jpg


アウトドア用の折りたたみベンチ。

海に行ったり、運動会に持って行ったり、庭でのバーベキューに使ったり。
もう、そういうこともないかな。

f0368662_14552548.jpg


部屋の中にいるより外の方があたたかいです。

f0368662_14552613.jpg


風も心地いい。

f0368662_14552757.jpg


あたたかさにつられて、顔出す子 多々(^^)。

f0368662_14552720.jpg


さっき、お雛様もパパッとしまいました。

f0368662_14552810.jpg


靴下ぬいでも、だいじょーぶ( ^∀^)。

f0368662_14552844.jpg


f0368662_15000758.jpg
















[PR]
# by asahino443 | 2017-03-04 14:18 | Trackback | Comments(4)

この香り

咲いてたのね〜(*´ー`*)

f0368662_00090918.jpg


今シーズン、初!

花自体は地味めですが、春はやはりこの香り。

中学校の家庭科室から見える裏庭でその名を知ったあの頃から、変わらずこの香りに会うたびに、何がどうしたというわけでは無いけれど懐かしいような愛おしいような、、、胸がキュンとします。

f0368662_00091030.jpg


うちのは、3、4年前に何故か枯れてしまいましたが、今日散歩の途中で見つけました。

やっぱり、また買って来て植えとこう♫


お香もいいけど、こっちも生の香り(?)で嬉しいな。











[PR]
# by asahino443 | 2017-03-03 23:49 | Trackback | Comments(0)

おぅ!!!

これ、イチゴです053.gif

f0368662_21481567.jpg


画像処理もなにもしてません。

あ、手は娘の手です。
身長164センチの手ですから。決して小さくはありません。

なんか、こうなるともう林檎とか梨とかのイチゴ版みたいな(^^;)

そこそこ美味しかったです。





[PR]
# by asahino443 | 2017-03-02 21:39 | 食べること | Trackback | Comments(4)

東の空に

朝6時過ぎ

格子戸をあけて

今日はどの道を行こうかと思いながら

緩い下り坂に差し掛かると東の空が

f0368662_13101234.jpg


ー ありがたい -

自然にそんな言葉が胸に浮かびました。



祖母は毎朝、東の空に向かって手を合わせていた

と、母から聞いたことがある

その気持ちが一瞬わかったような気がした

この写真じゃ伝わらないな

いつもと違う感じだったのだけれど(・_・;)






[PR]
# by asahino443 | 2017-03-01 21:42 | Trackback | Comments(2)

長い一日?

始発の電車で出かける娘を駅まで送って、
帰りは終電お迎え。

アッシーという言葉も死語らしいけどそれならなんと言う?

これがオットなら、
「えーΣ(-᷅_-᷄๑)」
って思うんだな。

そういうわけで、朝の散歩はまだ夜が明けておりませんでした。

f0368662_22062503.jpg



そして、出勤前にかなり時間に余裕がありましたので、じっくり庭も観察できました。

なにしろ気まぐれに植えたり掘り起こしたりしているので、忘れた頃にこぼれ種か何から芽が出てきたりするもんで^^;

年末に思いきって枝も根もバッサリ強剪定したピエール・ド・ロンサールも、どうやら無事に芽が動き出したようです( ^∀^)。

f0368662_22062674.jpg


良かった良かった。




[PR]
# by asahino443 | 2017-02-28 23:49 | Trackback | Comments(0)

遅くなりました

今年も、お供なしですみませんね(汗)。

f0368662_21595959.jpg


昨年も内裏雛のみ。
横着していますm(__)m。

一昨年も、母の何度目かの入院と義父の脳梗塞による入院が重なったりしてとうとう飾らずじまい(義父は、1ヶ月入院しましたが、そのまま旅立ちました)。

来月でも再来月でもお天気のいい日に、 全部の箱に風を通して防虫剤を入れ替えとかないとと思います。

そして、来年は勢揃いしていただきましょう。

f0368662_22113540.jpg


それにしても我が家の娘、小さい時からあまり興味がないみたい(ノД`)。

「わーい、お雛様飾ってくれたんだ〜♫」
なんて、なかったな。

自転車とか一輪車は、 親の知らないうちに勝手に乗れるようになってたけど。

まあ、いいか。

今日は、日差しも柔らかく春がすぐそこまで来ているようでした。

f0368662_22113535.jpg










[PR]
# by asahino443 | 2017-02-26 21:23 | お楽しみ | Trackback | Comments(0)

出てきた、出てきた

1月の終わりにダメ元で植えた球根、ちゃーんと出てきましたよん053.gif

f0368662_21064474.jpg


土の中で、ゆっくりする時間が短くてごめんね〜。



[PR]
# by asahino443 | 2017-02-25 20:56 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ちょっとしたこと

何かのオマケでいただいたメモ用紙。
職場で使うにはちょっとファンシーすぎるかなと思ったけれど、ま、いいかと貼ってみた。

気持ちの片隅にほんの少しだけポッと明るさを感じて意外に思う。

f0368662_13345159.jpg


こんなメモ用紙一枚でね(^^)。

2,3枚並ぶポストイットの横で、確かに浮いてるけどこのくらい いいかな。

ちょっとした小さなことで、意外と気持ちも変わったりするもんだな。



ところで、今朝の散歩。
何時もと違う所を歩いてみましたら、こんなきれいな色の空を見ることができました。

f0368662_17083875.jpg

ちょっと遠かったから帰りは焦りました(^_^;)。








[PR]
# by asahino443 | 2017-02-24 23:50 | 仕事の事 | Trackback | Comments(4)

こっちが先

図書館から予約していた本が、貸し出し可能になりましたと055.gifがあったのでお昼休みにちょっと行って借りてきました。

f0368662_00312562.jpg


先日読み出したばかりのもあるけれど、こちらは期限があるので、先にこちらをです。

半分くらい読みました。

私の頭が退化?老化?したのか、よくわからない。
「火花」もそうだったんだけど、何となくそれとなくわかるのだけれど、すっと入ってこない。

脳味噌固くなったかな?
感受性鈍くなったかな?




[PR]
# by asahino443 | 2017-02-23 00:24 | 読書 | Trackback | Comments(2)